高級乗用車

11.10.2019

午前、曲作り。

午、野菜天麩羅。

午後、息子と散策。グローサリーショッピング。カツカレー作成。書見。

On n’est jamais sûr de soi dans ce métier. On apprend toujours de nouvelles choses. Et il faut constamment se dépasser.

– Yves Saint-Laurent

僕らの仕事では、誰も決して自分がやっていることに確信を持ってはいない。常に新しいことを学んでいるんだ。そして常に自分を乗り越え続ける。

– イヴ・サン=ローラン

ディスカウとポリーニによるシューベルトのリートを聞きながら「ああ、奇を衒うところがない高級乗用車を運転しているようだ」と悦に入っていた。甘美な部分も抑制せず、厳しい部分も顔をしかめず。ポリーニは仕事とともにどんどんと皮が剥けていった、数少ないピアニストの一人だ。

バイオリン弾きにはそういう人があまりいないように思う。

先日結婚したブルーミントン出身のバイオリン弾きは、本来繊細であった弾き方を守りながらも、格を大きくしていっているように感じられる。

こういうことって、良い仕事を重ねていった結果なんだよね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *