診療

12.09.2020

午前、病院検査。卵系朝食。診察。

午、鶏モツ汁。

午後、薬等買い出し。帰路北上。気絶眠。

I refuse to confide and don’t like it when people write about art.

– Balthus

人々がアートについて語る時、僕はそれを信じることを拒み、それを好むことはない。

– バルテュス

主治医がいる遠くの街まで出かけていった。ホテルで布団に潜り込むも、とにかく寒い。すぐ脇には真っ白に雪化粧したチンボラソ山がそびえている。

それでも早朝から各種検査を行い、昼過ぎに診察となった。懸念されていた糖尿病系の疾患には罹っていないとの事。処方箋なしでは買えない薬を大量に買い込み、砂肝のスープを飲んだ。持ち帰りのみの中華屋が多い。「アジア人の彼らは頭が良いからね。ウェイターを解雇してしまったんだ」

僕もアジア人だから、複雑な気持ちになる。

夕暮れの中キトに帰ってきて、昏絶眠した。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *