自由とは引き換えない

09.10.2019

午前、曲作り。事務作業。

午、ミネストローネ。

午後、仰臥。原稿。書見。

No spring nor summer beauty hath such grace as I have seen in one autumnal face.

– John Donne

どんな春にも夏にもない気品を、僕はある秋の顔に見たことがある。

– ジョン・ダン

今のエクアドルのように非常事態宣言だの戒厳令だのという状況の時、ツイッターやフェイスブックなんていうSNSが情報の収集に多少は役立つ。それでもあちこちでの暴力騒ぎや右派を糾弾したり左派を糾弾したり、たまには僕を糾弾したりする文言に溢れていて鬱々としてくる。こんな中でコンサートの宣伝などもってのほかだし、ましては「鰻きゅううめえ」などとは書けない。少なくともそんな不穏な空気だ。

先の東日本における震災の際も、鰻を食べた人を非難する人達が多かったけども、食べるのは良いんだ。そうでなければ鰻屋だって困ってしまう。それを出すかどうかの判断の問題で。

いわゆるインフルエンサーにはならないほうが良いなと最近感じている。自由がなくなる。監視される。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *