直感と情緒

05.02.2020

午前、会議多々。曲作り。

午、牛骨のサンコーチョ。

午後、リハーサル指揮。ビーフカレー作成。原稿。書見。

Love in its essence is spiritual fire.

– Lucius Annaeus Seneca

その本質において、愛は精神的な炎なんだ。

– ルキウス・アンナエウス・セネカ

大地と山河と銀河と繋がることによって直感を得、心の炎の種を絶やさないことによって情緒を得る。知識などというものはその下層にある副次的なものだ。

カレーを作るときに玉ねぎや生姜、クミンシードを炒め、その後にトマトを炒めてから肉を入れるか、カレー粉をまぶした肉を炒めてからトマトを入れるか、常に考えることとなる。「どちらが正解か」という問題であるならば、それは知識の範疇にあるから、インターネットで調べれば良い。どのような結果になろうとも自分のせいではない。「どちらが食べたいか」という問題であるのであれば、数回どちらもやってみて、その日の直感と情緒で決めれば良い。

知識によって生きる者は、身体が、あるいは生活が壊れると死ぬ。

直感と情緒で生きる者は、死ぬまで生きる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *