満眠、絶食

11-13.07.2020

終日仰臥休息。

We sit in the mud… and reach for the stars.

– Ivan Turgenev

僕らは泥沼に座りつつ、星を求めて手を伸ばすんだ。

– イワン・ツルゲーネフ

結局70時間ほど眠っていた。先日明らかになった低血糖による昏睡状態らしい。病名は何でもいいし、そもそも僕は眠っているという感覚しかない。数時間に一度トイレに行って用を足し、水を飲んだりタバコを吸ったり。最終的に8時間ほどまとめて眠ることができて、気分は良くなったのだけども、なんだか病後の疲れのようなものが残っている。

そもそもほとんど何も食べていないんだ。

お腹は空いているけども、食欲はないという相反した状況が体内にあるので、何ならば食べられるだろうかと考えてみる。寺の絶食修行などでは、茶粥が振る舞われるそうだけども、煩悩だらけの僕が思いついたのは、海苔の佃煮、台湾の胡瓜の漬物、タブレ、グリークサラダなど、僕の家の冷蔵庫のものでは作成不能なものばかりだ。

仕方がないので、謎の栄養飲料を飲んだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *