曇り空の天啓

16.05.2019

午前、舞台設営。曲作り。

午、焼き海老のスープ、牛レバーフライ。

午後、曲作り。原稿。息子と遊戯。キーマカレー作成。書見。

A writer should have the precision of a poet and the imagination of a scientist.

– Vladimir Nabokov

作家は詩人の正確さと科学者の創造力を持ち合わせないといけない。

– ウラジーミル・ナボコフ

好きなことを職業としていると、問題があってもそれを認識できないという問題が起こる場合が多々ある。認識していないのだから困らないのだけども、後に困ったことになるわけだ。あるいは問題を誤認する。主観的になりすぎたり、主語を入れ替えるのを忘れてしまったりするんだ。

自己認識を問い直し、建て直す。 そんなことに時間を費やした一日。毎日はやっていられない。時折観察して判断すればいい。それしかできないのだから。

マトリョーシカを一つにまとめて飾るべきか、それぞれをばらして飾るべきか、画一した答えはないのだろう。たまに、変化を加えるのが一番楽しいのではないだろうか。

六重奏団の楽器編成やメンバーを変え、また六人に戻った。

músico japonés en ecuador

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *