昨日も今日も

04.06.2020

午前、舞台設営。コンサート監督。

午、握り飯。

午後、事務作業。曲作り。鶏、馬鈴薯。原稿。

Never does nature say one thing and wisdom another.

– Juvenal

自然と知恵がばらばらの事を言うことは決してない。

– ユウェナリス

昨日も今日もないのだ。今日からは毎日のコンサートが午前中になったので、少々遠くの街にでかけ、ひどい日照りに疲労困憊してしまった。標高が低いので気温も高い。帰宅の途中、交通の要のような街を通ると、昨日から外出禁止令が解除されているからか、蟹や海老、魚、トロピカルフルーツなどをトラックに積んで行商に来ている人たちが目立った。美味しそうだ。

降りて買って料理してなどという気力もないし、とにかく一刻も早く帰宅して横臥したい思いでいっぱいだったので、息子にテキストメッセージを送った。

「今晩セビチェにしない?」「いいね」

満月直前の大きな月を見上げながら彼の家に行くも、セビチェを提供するレストランはすでにどこも閉まっていた。まあ、そうだろうな。昨日の今日だから。

いいさ、明日も明後日もある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *