数歩進んで停止

10.09.2019

午前、銀行行脚。事務作業。

午、フダンソウのポタージュ。

午後、曲作り。仰臥。エッグサンド。

Nobody, I think, ought to read poetry, or look at pictures or statues, who cannot find a great deal more in them than the poet or artist has actually expressed. Their highest merit is suggestiveness.

– Nathaniel Hawthorne

思うのだけど、詩人や芸術家が実際に表現したこと以上のものを見出すことができない人は、詩を読むべきではないし、絵や像を見るべきでもない。作品が持つ称賛に値する価値は、暗示性にあるのだから。

– ナサニエル・ホーソーン

起床するも動けなかった。手足の先が痺れ、冷え切っているので、血糖値か血圧か、あるいは貧血かなど理由が頭をよぎるものの、そんなことはどうでもいい。問題はどうしたら動けるかだ。一緒に出かける約束をしていた娘に家まで来てもらい、しばらく話をしていたら、なんとなく往来に出かけても大丈夫な気がしてきた。

メインの目的は僕のクレジットカードに紐付けられた家族カードのアクティベーション。多岐にわたる個人情報に関する質問を受けて、一つでも間違えるとカードは無効になるという、アメリカ横断ウルトラクイズのような至難を乗り越えて、無事カードは有効化された。

経口補水液を口に含みながら、仕事を続けるもどうも塩梅が悪い。

もう一度冷静に状況を判断してみると、なんのことはない、風邪による発熱と悪寒のようだ。さっさと帰宅して布団をひっかぶって寝た。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *