孤島への道筋

30.08.2019

午前、息子と卓球、ジャクジー。帰宅。

午、炸炒面。

午後、散策。原稿。書見。

The saddest aspect of life right now is that science gathers knowledge faster than society gathers wisdom.

– Isaac Asimov

最近、最も嘆かわしい人生の側面は、科学が知識を集めるスピードに、社会が知恵を集めるスピードがついていけないということなんだな。

– アイザック・アシモフ

どう哲学的にあがいても、昨日と今日は繋がっている。洗わなかった皿はシンクに残っているし、酷使した身体には筋肉痛が表れるし、死んだ友は死んだままだ。悪いことばかりでもない。乳清を排出させた後、型や枠に入れて固めておいたカードはチーズになっているし、猥雑に散乱していた考えが漠然とした芯を見せることもある。

今回の逃避行は疲れをとって贅沢を楽しむという趣向からは程遠いものだったけども、日常の連続性に楔を打ってくれた。といっても、やはり昨日は今日に繋がっている。眠っていて体の痛みから逃れようと夢を中断して覚醒したり、その逆に夢に潜り込んだり、その途中で新しい作曲の方法を思いついたり。

言葉を使って世界を区分したところで、君が忌みするそれも、関係がないと思っているそれも、存在も不在も全て繋がっている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *