天気予報は当たらない

09.02.2020

午前、楽器指導。洗濯清掃。

午、カレー饂飩作成。

午後、事務作業。散策。マンゴー。原稿。書見。

‘Therefore’ is a word the poet must not know.

– Andre Gide

「それ故に」という言葉を、詩人は知っているべきではない。

– アンドレ・ジッド

先日、ピリオド奏法とモダン奏法の両方に興味があるのでどう勉強してよいのかわからない、という相談を若者から受けたので、ヴェラチーニのソナタを勉強して持ってくるように指示した。フランチェスコ・マリア・ヴェラチーニは後期バロックの音楽家だし、突然変異的な技巧と先見的なロマンティシズムを持っていた。劇場の3階から飛び降りるようなエキセントリックな性格と(彼のあだ名は
頭がおかしい奴”capo pazzo” 」 だった)、 タルティーニが彼の演奏を聴いたとき、自分の技能に不満を抱き、そのために彼は逃げるようにアンコーナへ移り住み、練習のために自室に閉じこもったという逸話によっても知られている。

一言で言えば天才だった。

そんな人による作品は、同時代の文献を探って当時の一般的な奏法を当てはめても意味がない。頭がおかしい天才なのだから。

音楽は暗示だ。科学的な説明ではない。詩と同じ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *