各時代の古典


02.12.2018




午前、清掃。楽器練習。曲作り。住居探し。論文添削。




午、ラザニア。




午後、税務関係奔走、支払い、困窮。チキンカレー作成。書見。




話術でも芸術というのはすべからく無駄の排除。無駄をなくす。これが芸術として昇華してゆく。無駄をなくしていくと、芸として上品になる。形になる。するとこれが芸として確立する。だから、永続性が保たれる。ところがここに古い上品を破るために新しい下品が出てくる。新しいモンっちゅうのは常に下品なモンや。だからインパクトがある。ところがこれは永続性が乏しい。漫才なんかでいいますと、いとしこいし先生というのは実に無駄の排除。洗練された話術。形としてピシッとある、古い上品です。ところが、ダウンタウンやとか、例えば一時の紳助竜助やとか。のりお・よしおとか。あれは、インパクトはあるけど下品やねん。下品はインパクトはあるけど長持ちがせんがな。どうしても。長持ちをさすには、下品さを失わす、無駄を排除せなイカン。無駄を排除するうちにインパクトが失われる。ですから常に芸の世界というのは、古い上品と新しい下品の戦いなんです。


– 上岡龍太郎




パガニーニは自身の名声が上がるに連れ他人の曲は弾かなくなり、その唯一の例外がベートーヴェンの協奏曲だった。観衆はあまり喜ばなかったらしいけども。当時の古典的なスタイルを爆心的に拡大していったベートヴェンの音楽は、割とすぐに古典として認められ、ブラームスによって引き継がれたと見做すことができる。ベートヴェンのスタイルをさらに拡大させていったのがワーグナー。そのワーグナーが若い頃憧れていたのはロッシーニだった。ロッシーニはベートーヴェンよりも古いハイドンやモーツァルトの様式をイタリア・オペラに取り入れ、若い時分にベートヴェンを凌ぐ人気を博し、さっさと隠遁生活に入ってしまった。ベートヴェンはロッシーニの才能に感服していたけども、すでに聴力を失っていたから、その音楽をスコアを読むことのみで把握していた。




各時代で古典と呼ばれていた様式を打ち破った作品群も、やがて忘れ去られ、そうでなければ次の時代には古典と呼ばれるようになる。洗練されるのは演奏様式のみで、書かれた作品が変わるわけではない。




今この瞬間にも次世代の古典が生まれている。なんだかの様式を受け継ぎ洗練させ、あるいはそれを拡大して。文学や数学の世界でも同じだろう。それを知らずに世を去るのは惜しいと言うよりは馬鹿げたことなのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です