動きの循環

10.02.2020

午前、会議多々。曲作り。

午、チキンスープ、海老フライ。

午後、リハーサル指揮。原稿。ポテトサラダ作成。書見。

Treasure your relationships, not your possessions.

– Anthony J. D’Angelo

自分の持ち物ではなく、自分の繋がりを大事にするんだ。

– アンソニー・j・ダンジェロ

十三要點という楊式太極拳のの功夫の身法、理法のポイントを十三種にまとめたものがある。「沈肩垂肘、含胸抜背、氣沈丹田、虚霊頂勁、鬆腰胯、分虚実、上下相隨、用意不用力、内外相合、意氣相連、動中求静、動静合一、式式均匀」 その中の内外相合は、簡単に言えば意識と気、身体の流れを一致させるということ。あるいは呼吸と身体の動きの一致。身体は力まない状態で静止することもあるけども、意識は「長江大河の如く、滔滔と」流れていなければいけない。

内に外を従わせたほうが楽器演奏などの問題は確実に素早く解決する。

動作の訓練はするけども、内から流れ出て外へ自然に現れる繋がりを作ろうとしない人が多いけども、それでは枯井戸に水を注ぎ込んで良しとしているようなものだ。

しかしながら、体の動きを意識の流れに流し戻すのは、少々難しいような気がする。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *