デジャブ的年末

23.12.2019

午前、清掃整頓。原稿。タパス、ワイン。

午後、買い出し。大根の鼈甲煮、カレーライス作成。書見。

In seed time learn, in harvest teach, in winter enjoy.

– William Blake

種蒔きの頃に学び、収穫の頃に教え、冬を楽しむんだ。

– ウィリアム・ブレイク

オフィスは明日から冬季休業。熱力学第二法則たるエントロピーの増大にしたがって荒れていた机の片付けを朝のうちに済ませ、レコーディングスタジオで簡単な忘年会。例年のごとくハムやチーズ、各種ワインを持ち寄ったけども、自分で持っていったハモンセラーノよりも、近所の豚の丸焼きの一部のほうが美味しかった。

10年ほど同じメンバーで集まっているのだけども、もう赤身の肉は食べない者、脂肪分を控える者、老化が始まったグループの忘年会はいささか寂しい。そういう人たちのためにフムスなども用意したけども、来年からはバタートーストにジャムで良いのではないかと思っている。

酒が回ってメディテーションを始める前に立ち上がって「では、みなさんメリークリスマス」と告げ、アジア食品の店を回って冬ごもりの準備。しばらく独りで取捨選択に勤しむ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *