より静かに落ち着いて、あるいは


24.11.2018




午前、楽器指導。曲作り。




午、ジャークチキン。




午後、散策。グローサリーショッピング。清掃。握り飯作成。書見。




What is lovely never dies, But passes into other loveliness.


– Thomas Bailey Aldrich


可憐で美しいものが朽ちることはない。それは他の可憐な美しさに受け継がれる。


– トーマス・ベイリー・オルドリッチ




フランコ・グッリ御大は、バッハのシャコンヌの233小節目に “+p or-p” と記した。より静かに落ち着いて、あるいは、静かさと落ち着きを少し取り去って。正反対の2つの指示、どちらでもいいけども何かが起こるべきだという書き込みだった。他の曲においては +f と -f も時々書き込んでいて、最近この4つの差異と共通項に思いを巡らせる。




ボヘミアン・ラプソディの最後の部分の歌詞、”Any way the wind blows…”。殆ど聞こえないくらいのボリュームでミックスされている。その結果、中国の銅鑼が一層引き立てられた。




寿司飯に塩を少量加えることにより甘みが増す。その代り、時間が経つと飯が硬くなる。




万事に対する正解などない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です